ブログパーツUL5 無題の詩 | 徒然ならない日々・・

日々の生活の中で徒然ならないことをそこはかとなく
記載しています。
はじめはプロフィールを見てくださいね。
無題の詩J
0

     

    6月だというのに

    彼はすでに役目を果たし終えた

     

    夏の暑いアスファルトの上に

    仰向きになって倒れているのは

    昨日必死で鳴いていた彼だろうか

     

    早過ぎることも

    遅すぎることも

    起こりうることで

    ちょうどいいときに

    ちょうどよく

    うまい具合にやっていくことが

    難しいということを

    彼が示してくれている

     

    そんな風に彼を通り過ぎて

    早過ぎるのか遅すぎるのか

    私の人生の大切な時間を

    考えてみる

    Posted by : 張翼 | 無題の詩 | 20:46 | comments(0) | -
    TOP